ここでは管理人が独断と偏見で選ぶ2019年格闘技のベストマッチを厳選しています。

基本的にはMMAが多めで、世界ボクシングはビッグマッチやスター選手の試合は大抵見ています。

国内はキックボクシング軽量級が盛り上がっていますが、個人的にはあまり興味ないところなので年間ベストで選ぶかは微妙なところです。

※このページは年内の予定、ビッグマッチ消化後など随時更新していきます

2019年格闘技 今後の予定

~2月~
・UFC234
~3月~
・k-1スーパーアリーナ大会2 (3/10)

・RISE世界キックボクシングトーナメント開幕戦(3/10)

・ONE Championship日本大会(3/30)

~4月~
・RIZIN15 (4/21)

~5月~
・ボクシング世界ミドル級3冠統一戦(5/4)
カネロVSジェイコブス

~6月~

・ボクシング世界ヘビー級タイトルマッチ
アンソニー・ジョシュアVSアンディ・ルイス・ジュニア

・ボクシング世界ミドル級タイトルマッチ
ゴロフキンVSロールズ (ゴロフキン再起戦)

・ベラトール222 
堀口恭司VSダリオン・コールドウェル

~7月~

・ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ
村田諒太VSロブ・ブロント(村田復帰戦 リターンマッチ)

・RIZIN17
朝倉未来VS矢地祐介
 

2月時点で決まっている試合だとボクシングのカネロ対ジェイコブスの試合が一番楽しみですし、年間ビッグマッチにもなりそうですね。

世界ボクシングはゴロフキンの復帰戦も楽しみですし、ロマチェンコやジョシュアなどの試合も相手が無名選手でも見たいですね。あとメイウェザーもある意味まだまだ見たいし笑

MMAはRIZINが勢いに乗ってきているので楽しみなのと、UFCだとマクレガーの復帰戦、ヌルマゴ対ファーガソンあたりが年内に組まれるか期待ですかね。ヘビー級だとレスナーの復帰戦の噂もあってコミーエと戦うとかなんとか話題になっていましたがどうなるんでしょうかね。ヘビー級は格闘技全体を通して最近は少し元気がないですね。

 

2019ベストバウトメモ

2019.1.27 ベラトール214 MMA

エメリヤーエンコ・ヒョードルVSライアン・ベイダー

 

ベイダーが1R35秒でKO勝利。

結果はファーストコンタクトのベイダーの左ロングフックでヒョードルが倒れてしまい秒殺決着に..

試合前に引退をほのめかす発言もあったヒョードル。

近年は試合をするたびに軽いパンチでダウンするようなシーンが目立ちましたがこの試合を見る限りでは第一線での復帰は難しそうか..

PRIDE時代を知る者にとってひとつの時代の終わりを感じる一戦となりました。

 

2019.4.21 RIZIN15 MMA

朝倉未来VSルイス・グスタボ

 

アウトサイダーからRIZINに参戦した朝倉兄弟の兄未来。

リオン武や日沖発などベテラン選手をKOにした実力は見せたものの、本当に力はまだ未知数。

今回の対戦相手は仮想ライト級GP(70kg)を想定しての68kgで対戦相手は矢地祐介をKOにしたグスタボ。

試合は序盤から朝倉が打撃を中心に攻めてグスタボを完封した。

この試合で朝倉未来の人気に火がついた。

試合後のインタビュー動画では天心や堀口など中心選手以上の再生回数を記録した。

その後、未来自身もYouTuberとしてデビュー。

矢地祐介との対戦も決まり今RIZIN選手の中で最も注目されている日本人選手の一人。

 

2019.5.17 one:Enter the Dragon MMA

青木真也VSクリスチャン・リー

 

青木が3月のone日本大会でメインを努めて見事に王者に返り咲いた。

その勢いのまま20歳の新生クリスチャン・リーと王座をかけて対戦した。

1Rは青木優勢で展開していき、グラウンドの展開では腕十字を極める寸前までいったが、クリスチャンが維持で脱出。

2Rに入ると打撃の展開になり、フラッシュ気味に青木が倒れたところをレフリーストップで試合終了。

青木がタイトルをクリスチャンに奪われる形となったが、ここまでの青木の生き様、ストーリーも含めてかなり印象深い試合だった。

 

2019.6.1 ボクシングWBA・IBF・WBO世界ヘビー級3団体統一戦

アンソニー・ジョシュアVSアンディ・ルイス・ジュニア

 

記念すべきジョシュアのアメリカ進出初戦。

ジョシュアの当初の対戦相手は

キックボクシングでミルコ・クロコップなどとの対戦経験もある

ミラーと対戦予定だったが、ミラーがドーピング検査に引っかかり出場停止に。

代役としてルイスがジョシュアと対戦することに。

ルイスは見た目は太っており、とても動ける感じはしなくて噛ませ犬かと思ったのですが、、、

試合はまさかのジョシュアが7RKO負け。

序盤からジョシュアがジャブで様子見をする展開でお互い見合ってましたが

4Rにジョシュアが仕掛けて先にダウンを奪いました。

このままジョシュアが押し切って勝つかと思いましたが・・

今度はルイスがダウンを2度奪い返す。

その後、ジョシュアも立て直していきましたが、

近い距離になると、ルイスのパンチの回転が早くジョシュアが7Rに捕まりまたダウン。

2度目のダウンで立ち上がるもレフリーが試合を止めてTKO負けとなった。

ジョシュアはワイルダーとのビッグマッチへ向けて落とせない試合だっただけに非常に残念でした。

ヘビー級の一発の怖さを痛感できる試合で面白かったです。