PRIDEの元ヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルと

UFCの元ヘビー級王者フランク・ミアがベラトールヘビー級トーナメントの一回戦で対決する。

試合は2018年4月28日(土)に行われる。

試合の模様はAbemaTVにて配信されます。

(日本時間だと28日の土曜朝8時くらいからになると思います。)

ヒョードルの現在の強さはどれくらい?

かつてはPRIDEヘビー級の絶対王者として君臨していたヒョードルですが、現在すでに40歳を超えており衰えも見えてきているように思えます。

ヒョードルも五味や桜庭のように衰えたレジェンドのようになってきていると言われています。

確かにPRIDEを離れて以降はたいした戦績ではありませんが、

それでも2015年の復帰以降は1敗のみですし、この敗けも期待感は残る敗けではありました。まだまだ戦えるのではないでしょうかね。

 

その復帰後の1敗というのが前回のマット・ミトリオン戦なんですが、結果的には74秒でKOされてしまいました。

この試合のヒョードルは調子はそさそうでしたが、相打ちでお互いに入ったパンチでヒョードルもミトリオンも同時に倒れましたが、ヒョードルは起き上がれずに、ミトリオンは起き上がり追撃のパウンドを喰らいKOという衝撃の結末でした。

 

ヒョードルはPRIDE後には「ヴェウドゥム⇒アントニオ・シウバ⇒ダン・ヘンダーソン」と3連敗し、その後は3連勝して現役を一度引退しました。

2015年の大晦日にRAIZINのリングで再び現役復帰を果たします。

それ以降は年間1試合ペースではありますが毎年試合をしています。

 

去年2017年もミトリオンにKO敗けした1試合のみの出場でしたが、今年2018年はトーナメントにも参戦しているので、勝ち上がれば年内にヒョードルの試合があと2つは見ることができそうです。

ミトリオンは一回戦のロイ・ネルソン戦に勝利して二回戦進出を決めたので、是非ヒョードルにはこのトーナメントでミトリオンにもリベンジして欲しいですね。

---スポンサーリンク---

フランク・ミアの現在は?

 

フランク・ミアは現在UFCとの契約を切って、新たにベラトールと契約しました。

UFC最後のマークハント戦でドーピング使用があったため、2018年3月まではアメリカでの公式戦はできませんでしたが、期間が過ぎてヒョードル戦となります。

ミアは以前から試合したいと言っていたヒョードルを相手のベラトールデビュー戦となります。

 

フランク・ミアといえば元UFCのヘビー級王者でもあり、数々のヘビー級トップ選手から勝利してきました。

主戦場がUFCだったため、日本の大会しか見ないファンからするとあまり知られていない選手かもしれませんが、日本でも活躍したPRIDEのノゲイラやミルコにもKO勝利しています。

王者になった次戦のブロック・レスナー戦でタイトルは奪われますが、レスナーにも2008年の対決では一本勝ちしています。

 

寝技が強いイメージのある選手ですが、拳法道場の子供で育っており幼いことから打撃も習っておりスキルも高いです。

キャリア後期には強敵相手の敗けが目立ってはいますが、今回ベラトール初参戦となります。現在38歳。まだまだヘビー級の第一線で戦えます。

 

この試合の勝者は第一試合で行なわれた「ランペイジ・ジャクソン×チェール・ソネン」の勝者ソネンと二回戦で対戦となります。

10年前ならドリームカードだったけど・・

PRIDEとUFCの王者対決でもありますから、10年前に組まれていればドリームマッチでしたね。

ミアがノゲイラとのヘビー級タイトルマッチに勝利してUFC王者になったのはちょうど10年前の2008年ですね。

まぁベラトールやRAIZINがレジェンドリーグのようなものだと考えれば良いような気がします。

 

UFCも40歳以上のレジェンドリーグを設立するような噂もありますが、今の40歳の選手の動きを見てもまだまだ動けてはいますし、同年代同士の戦いなら面白いですね。

若い頃に比べて、衰えた分で力関係が逆転したりなんかもあると思いますし、そのへんも昔から見てるファンからすると楽しめそうですね。

ヒョードルとミアのレジェンド対決も今から楽しみですね。

---スポンサーリンク---