ボクシング世界ミドル級3冠統一戦

カネロVSジェイコブスが日本時間5月5日に開催されます。

日本からの視聴方法は「DAZN」からリアルタイムで視聴することが可能です。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試しはこちらから

 

ジェイコブスプロフィール

ダニエル・ジェイコブス

生年月日:1987年2月3日

国籍:アメリカ合衆国

身長:183cm

リーチ:185cm

階級:ミドル級

選手メモ

ダニエル・ジェイコブスはアメリカ合衆国のプロボクサー。

アマチュア時代の戦績は137勝7敗。2007年からプロ転向している。

2010年にディミトリー・ピログに5回TKO負けをしている。

2017年3月18日にはミドル級の絶対王者だったゲンナジー・ゴロフキンと対戦し、僅差の判定で敗北するものの実力を見せた。

プロでの敗北は事故的なKO負けのディミトリー戦と、僅差の判定負けのゴロフキン戦の2敗のみ。

KO率は80%を超えており、35勝の内29がKO勝利している。

2012年に難病である骨肉腫(骨のがん)を宣告されるも
克服してリングに復帰するという奇跡を起こしたボクサーでもある。

現在のミドル級戦線においては、カネロ、ゴロフキンに次ぐナンバー3的なポジション。

カネロ・アルバレスの基本プロフィールはこちらから

 

カネロVSジェイコブスの見どころ

 

僅差の判定ではあるがゴロフキンに勝利して勢いに乗るカネロ。

対してジェイコブスは2017年にゴロフキンに僅差の判定で破れている。

この試合はミドル級の3冠統一戦となっているが、カネロVSゴロフキンにも劣らない高カードといえる。

身長差では10cmほどあるので、小柄なカネロがどう攻めるのかもポイントになりそうです。

アウトボクシングからの強打を得意とするジェイコブスに対して、何でも器用にこなすカネロの対戦は今から待ち遠しい。

この試合の結果次第で、カネロと同じくダゾーンと大型契約をしたゴロフキンもまた絡んで来そうですね。

カネロVSゴロフキンについて詳しくはこちら

 



スポンサードリンク