2017年11月23日(木・祝)に新生k-1では初開催となるヘビー級トーナメントが開催された。

 

トーナメントの組み合わせは

 

第一試合
上原誠VSパコム・アッシ

第二試合
k-jeeVSアントニオ・プラチ

第三試合
岩下雅大VSロエル・マナート

第四試合
KOICHI VS イブラヒム・エル・ボウニ

 

という組み合わせだったが、一回戦を突破できた日本人は上原のみだった。

会見から上原は「俺がヘビー級を作った」と発言したりと、このトーナメントにかける思いは強かった。

 

注目の外国人選手は第四試合のエル・ボウニで過去にk-1で上原をKOしており、

さらに前日会見でも乱闘騒ぎを起こしたりと試合前の時点では一番注目されていた。

 

エル・ボウニはしっかり1回戦、2回戦とKOで勝ち上がり決勝まで駒を進めた。

上原は1回戦こそは1RKOで勝ち抜いたものの、二回戦のプラチバットには何もできず1RKO負けとなった。

 

決勝戦はエル・ボウニVSプラチバットとなり

死闘の末、判定3-0でプラチバットが勝利し初代k-1ヘビー級王者となった。

 

優勝したアントニオ・プラチバットは

93年に開催された初代k-1GPの王者である

ブランコ・シカティックが推薦した選手でシカティックも会場に来ており喜びのコメントを残した。

---スポンサーリンク---

アントニオ・プラチバット

選手メモ

生年月日:1992年12月10日
国籍:クロアチア
身長:196cm
体重:-100kg

 

プラチバットはクロアチアのキックボクサー。

ヨーロッパのキックボクシングの大会で活躍しており、

k-1に参加するまでの戦績は「戦績 11戦 10勝(8KO) 1敗 」という戦績で高いKO率を誇っている。

 

今回k-1のヘビー級トーナメント開催ということで

初の大きな大会での試合となったが、将来が期待できる高い才能を見せてくれた。

 

師匠に初代k-1王者のブランコ・シカティックを持ち、日本で試合をすることを夢みていたという。

 

今回は待望の初の日本での試合で、トーナメント優勝を果たした。

一回戦のk-jee戦では1R1分40秒でk-jeeに何もさせずに2回のダウンを奪い勝利。

 

二回戦は日本人エース上原との試合だったが、上原にも何もさせずに1Rに二度のダウンを奪い勝利した。

196cmという高身長でパワーを活かした戦い方をするために非常にKO率が高い。

 

今後の参戦は・・

新生k-1のヘビー級王者になったので

2018年3月にさいたまスーパーアリーナで開催予定のビッグイベントにもヘビー級の王者として参戦する可能性は高そうだ。

 

ただ、現在k-1ヘビー級は強い外国人選手が不在なため、

エル・ボウニか上原との再戦とかになりそうな感じもするが・・

 

できればまた新たに強いヘビー級選手と試合してほしいところ。

k-1王者となったプラチバットの今後の試合にも期待したいですね。

---スポンサーリンク---