ボクシングのカネロとゴロフキンがDAZNと大型契約を結んだ。

サウル・カネロ・アルバレス

★MEMO

1990年7月18日生まれ

15歳でプロデビューして20歳過ぎたころに頭角を現し始めたメキシコ人。
無敗のまま23歳の時にメイウェザーと対戦し話題となる。

メイウェザー戦ではプロ初黒星となったが、
その後もトップ選手相手にキャリアを積んでいく。

ミドル級の頂上決戦といわれたゴロフキンとの一戦は
注目を集めたが、初戦はドロー決着となる。

ゴロフキンとの再戦前にはドーピング検査に引っかかり試合が一度延期となる。
ドーピング使用を強く否定したゴロフキンと試合前からバチバチとなった。

2戦目はカネロが1Rから前に出て仕掛けて判定2-0で勝利した。
2018年にDAZNと契約を結ぶ。

2018年12月に初戦を戦い
スーパーミドル級の王者ロッキーからKO勝利してベルトを奪った。
ボクシング世界三階級制覇達成。

2019年5月にはDAZN契約2試合目となる
ダニエル・ジェイコブスとのミドル級統一戦を控えている。

 

★契約内容
5年11試合
契約金は3億6500万ドル

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

 

ゲンナジー・ゴロフキン

★MEMO

1982年4月8日生まれ

ロシア系カザフスタン人。通称GGG。
プロアマ通してノックダウン、ストップ負けの経験がない。

圧倒的なオフェンス力を持っており、連続KO「17」という記録を持っている。

カネロが5月に対戦するジェイコブスとは過去に対戦しており、
勝ちはしたものの判定まで持ち込まれて連続KO記録を止められた。

カネロ2戦目では差し込まれる場面もあり判定2-0でプロ初黒星となった。
試合後にはインタビューを受けることなく退席し、
年齢的に引退もささやかれたが2019年になりDAZNと大型契約を結んだ。

カネロとの3戦目の実現もだが、
その他の試合にも注目が集まる現在のボクシング界のスーパースター。

★契約内容
3年6試合
契約金は未公開だが、カネロと1試合単価では大差ないと思われる。
予想額では1億ドル前後の契約金との噂も….

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

格闘技見るならダゾーンが熱い!!

 

カネロやゴロフキンといった超大物スター選手が
大型契約を結び話題となっているのがDAZNです。

読み方は「ダゾーン」です。

 

ダゾーンは、月額1,750円で利用できる月額課金式の動画配信サービスです。

主にスポーツライブをメインに配信されています。
後々、録画を見たり追いかけ視聴も可能。
ボクシング以外にも野球、サッカーなどメジャースポーツのライブも楽しめます。

 

ボクシングに限っていえば、
従来はPPV(ペーパービュー)システムを導入していました。

PPVとは…買切型の販売方法です。

1試合〇〇円で毎回見たい試合を買うシステムですね。

 

最近ではメイウェザー対マクレガーが話題となりましたが、あの試合は89ドル(約1万円)が最低視聴料金でした。

海外の人はあの試合を観るために1万円近い金額を払ってみていたわけです

 

日本ではスポーツライブをPPVで購入するというスタイルが根付いていません。
メイウェザーやカネロの試合もこれまで日本ではなかなかPPVで見ることも難しい状況でした。

 

ですが、メイウェザーVSマクレガーは日本ではダゾーンで放送されました。

日本では海外で1万円でアホほど売れた(430万件)
メイウェザー対マクレガーが月額2000円程度で視聴できたということです。

しかも初回1ヶ月間は無料期間なので
あの試合だけ見てすぐに解約すれば実質無料で見れました。(私はそうしました笑)

 

メイウェザーやデラホーヤ、パッキャオといったかつてのスター選手が大金を稼げた理由がこのPPVです。
PPVが売れるほどに選手にも印税のようなお金が何%か入ります。

1試合1万円近いPPVがどれだけ売れたのか
気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください

ボクシングPPV売上げランキング
UFC歴代PPV売上げランキング

 

PPVの時代はもう古い?!

 

カネロやゴロフキンがDAZNと大型契約を結んだ意味…

日本ではあまりPPVに馴染みがありませんが、
海外の選手がダゾーンと契約したので
海外からでもダゾーンで視聴できるようになるわけです。

 

つまり今までカネロの試合を観るのに
1万円近く払っていたたくさんのアメリカ人、メキシコ人も
ダゾーンで月額料金で視聴できるようになります。

これは海外の人からすれば革命ですね。

 

カネロのDAZN契約の初戦だったロッキー戦では
『カネロの試合がタダで観れる!!!』

というキャッチコピーを全面に押し出していました。

 

 

カネロだけに400億円ほどの金額を支払い採算が取れるのか…
その辺の詳しい事情は分かりませんが、、、、とにかく視聴者からすればお得でしかありません。

今後は世界的にDAZNのように月額課金でスポーツを楽しむ時代になるかもしれません。

まさにインターネット社会が産んだ新しいサービス形態ですね。

 

DAZNは1ヶ月間は無料で使えます。

カネロVSジェイコブスが2019年5月4日に決まっています。

こちらの試合も1ヶ月前までに登録すれば実質無料で視聴できます(*^^*)

 

ドコモの携帯ユーザーなら月額980円で利用できてさらにお得です。。。

 

DAZN(ダゾーン)はこちらから

↓↓↓↓

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

 

DAZNで見れる格闘技

ダゾーンで観れる格闘技はボクシングだけではありません!

UFCのファイトナイトシリーズ、ベラトールといったMMA団体の試合もライブ配信されています。

今までは見れても海外音声だったりしたんですけど、、、ダゾーンではしっかりと日本語実況付きで配信されています(*^^*)

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

まとめ

ボクシングは、カネロゴロフキンの試合は独占配信されます。
ゴロフキンは2021年まで、カネロは2023年まで契約があります。

村田諒太のロブ・ブラント戦もDAZNで独占配信されていました。

ボクシングはWOWOWとどちらで放送されるのか曖昧なところも今後は出てきそうですが、
カネロVSロッキーはWOWOWでは放送されずに日本ではDAZNのみでしか視聴できなかったので…

今後も契約している選手はDAZN独占配信になると思います。

 

UFCのファイトナイト、ベラトールが観れるのも大きいですね(*^^*)

今までスカパーとかWOWOWとか契約が面倒だったり、環境的に入れることができなかったりした人もいると思いますが、、、DAZNはネット環境さえあれば即視聴できるのも良いですね。

解約時も電話等の面倒な手続き不要でサイトから1〜2分でできます。

 

日本での2大メジャースポーツでもある野球とサッカーのライブ配信もあります。

Jリーグ全試合&プロ野球、両方観られるのはDAZNだけ
いつでも退会可能

ダゾーンの無料登録はこちらから

↓↓↓

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

 

 

---スポンサーリンク---