松本光史(まつもと こうし)

生年月日:1983年7月12日
身長:171cm
体重:70~77kg
階級:ライト~ウェルター級
国籍:日本

選手メモ

松本光史は日本の総合格闘家。日本のMMA団体修斗の世界王者。

元々はウェルター級を主戦場にしており、ウェルター級の新人王、環太平洋、世界王者にも輝いている。

2018年現在は修斗ライト級の世界王者でもあり、5月の福岡退会でRAIZIN初参戦も決まった。

松本光史は強いのか?

穴のないそつなくこなせるファイトスタイルでKOでも一本でも勝てる選手です。

クルックシャンク曰く『何でもできるが逆を言えば何も突出していない』とのこと。

修斗ではかなりのキャリアを重ねていますが、大舞台でのキャリアがなく、

試合映像もあまりないのでトップクラス相手にどこまでできるのかというのは一度やってみないと分からないところでしょうか。

 

あと、元ウェルター級の世界王者でもあるという点も気になるところですね。

修斗のウェルター級は77kg規定なので、70kgのライト級で落としてきているのということはパワーは70kgの選手の中ではトップかもしれませんね。

(修斗はUFCと同じ体重規定)

 

まぁ戦績やキャリアだけで判断するのであれば、矢地祐介とかよりも強い可能性はありそうですね。

 

これまでの戦績

27戦18勝(3KO/8一本)7敗2分

---スポンサーリンク---

歴代の修斗のライト級世界王者が凄い!

松本は現在修斗のライト級の世界ベルトを持っているが、修斗ライト級の元世界王者にはそうそうたるメンツがいる。

 

これまでの修斗ライト級歴代王者は以下の通り

氏名 期間 防衛
渡部優一 1991年3月29日 – 1991年8月25日(返上) 0
2 大原友則 1991年10月17日 – 1993年2月(返上) 1
3 中井祐樹 1994年11月7日 – 1997年(返上) 0
4 宇野薫 1999年5月29日 – 2000年12月17日(返上) 1
5  五味隆典 2001年12月16日 – 2003年8月10日 1
6 ヨアキム・ハンセン 2003年8月10日 – 2003年12月14日 0
7 ヴィトー・”シャオリン”・ヒベイロ 2003年12月14日 – 2004年12月14日 0
8 川尻達也 2004年12月14日 – 2007年1月24日(返上) 1
9 中蔵隆志 2008年5月3日 – 2009年9月22日(返上) 0
10 ヴィラミー・シケリム 2009年10月30日 – 2010年5月30日(返上) 1
11 弘中邦佳 2011年7月18日 – 2015年11月29日(返上) 2
12 松本光史 2016年4月23日 – 現在 1

 

歴代王者には、五味隆典、宇野薫、川尻達也、ヨアキム・ハンセンなど、その後に大舞台でも活躍した選手を排出している。

 

RAIZIN初戦の相手はダロン・クルックシャンク

松本のRAIZINデビュー戦の相手はクルックシャンクに決定。

クルックシャンクは実力者ではあるが、RAIZINでは北岡悟、矢地祐介と連敗している。

ここはしっかりと勝利して実力者であることを証明して欲しいですね。

 

階級的には矢地祐介との試合も今後あるかもしれませんね。

実力的にはおそらくUFC参戦も近いと言われた松本のほうが上かと思います。

日本や世界のローカル団体の王者クラスが参戦すればRAIZINももう少しレベルが上がってくるでしょうね。

---スポンサーリンク---