格闘ニュース

矢地祐介さん鈴木千裕批判で大炎上の巻ね

先日開催されたRIZIN46の感想動画を矢地祐介が自身のYouTubeチャンネルにてアップし、その内容が炎上しているようだ。

要約すると、「金原は意図的に打ち合いにいかさせられた。鈴木は運が良いだけ」的な内容である。

実際の動画はこちら

金原はなぜ打ち合いをしたのか?

嫉妬だ、妬みだ、ロン毛だ!などの批判は置いておいて、個人的に気になる点がひとつある。

動画内で言っている金原が打ち合いをさせらた理由とは何か?ということだ。

矢地はこの試合に至るまでのいろいろは背景を知っているから思うところがあると言う。

(矢地と金原は練習仲間という関係がある)

鈴木千裕と打ち合いをするのは危険なのになぜ打ち合いをするのか?

これには理由があると矢地は語る。

矢地「試合の中の出来事ではなく、そこに至るまでの出来事で、そうせざるを得ないような理由があったりする」

なとも歯切れの悪い回答で、結局その理由が動画内で明かされることはないのだが、この発言はなかなかの爆弾発言とも捉えることができる。

なぜ鈴木千裕と打ち合う魔法をかけられてしまうのか?

予想1「KO勝利したら大金がもらえる」

これが一番もっともらしい理由で、例えば鈴木千裕を打撃でKOしたら1000万円もらえる。みたいな成約があったとする。

これなら鈴木千裕の相手がみんな打ち合いに行く理由にはなるが、しかしそれだと公表しない理由が謎になる。

亀田や天心を倒したら1000万円もらえる企画が成立するわけなので、鈴木千裕をKOしたらボーナス1000万円なら逆に大々的に公表しないとおかしいだろう。

 

予想2「榊原組、動きます」

RIZINといえば榊原代表、榊原さんといえば、反社との繋がり疑惑・・。

これは実際のところは不明ですが、事実としてPRIDE時代もRIZINになってからも反社会組織との繋がりの疑いがありフジテレビと縁を切られている。

前田日明氏も榊原氏が某組織から資金援助を受けている的な発言もYouTubeでしている。(組織名はピー)

榊原組長が悪の秘密結社であるギフ◯ブを動かし、金原に「お前、打ち合いせんと、わかっとるだろうなぁ」と脅している?

というのは半分冗談としても、真面目な話、ギ◯ハブ(秘密結社)を榊原氏が動かしている可能性はゼロではないかもしれない。

 

予想3「八百長」

RIZINの八百長といえば、シバター久保が代表作ですが、これはシバターが事前にDMで久保に「1Rは様子見で行きましょう」的なコンタクトを取ったことが八百長じゃないのか?という疑惑に発展している。

そもそも八百長の定義は何なのかという話になるが、真剣勝負の中にシナリオがあればそれは八百長とも言えるわけで「打ち合い必須」とかいうルールが契約に組みこまれてい可能性も十分に有り得る。

でもさすがにこれは無理筋で、矢地が知っている程度の理由と考えると、逆をいえば選手間ではわりと有名な噂話くらいなのではとも予想できる。

 

予想4:打ち合わないとペナルティや罰金があった

これが一番現実的な理由として予測できる。

打ち合わなくても良いけど、打ち合いしなければファイトマネー50%没収とか、そんな感じのことを榊原組が圧力をかけているとすると、わりとこれまでのすべての説が繋がるわけだが、そのへんは謎が深まるばかりだ。

罰金はわかりやすいペナルティだが、それ以外の罰則があるとすると、ちょっと思いつかない。

まとめ

結局、矢地さんの言う裏の圧力の正体は不明のままだが、何かしら事情があるのは間違いなさそうである。

気になるのは今後、鈴木千裕は苦労するという発言から、この魔法は今回限り、あるいはRIZINのリングで試合をしている範囲に限る。などの制限がありそうな点。

さすがにただの負け惜しみで言っているだけとも思えない発言だけに、謎が深まるばかりである。






-格闘ニュース