エメリヤーエンコ・アレキサンダー

プロフィール
生年月日:1981年8月2日
身長:198cm
階級:ヘビー級
国籍:ロシア
兄弟:エメリヤーエンコ・ヒョードル

選手メモ

エメリヤーエンコ・アレキサンダーはロシアの総合格闘家。

実兄にPRIDEヘビー級の王者だったヒョードルがいる。

 

アレキサンダーもPRIDEには参戦しており、ミルコ・クロコップやジョシュ・バーネットといった強豪相手には勝利できなかったものの、同じロシアの最強兵士といわれた当時のヘビー級4強ハリトーノフにも勝利している。

 

兄ヒョードルは182cmとヘビー級では小柄だったが、アレキサンダーは身長198cmと体格にも恵まれていた。

 

ポテンシャルは兄以上ともいわれ、当時ヒョードル自身も「自分に勝てるのは弟のアレキサンダーだけだ」とも発言していた。

ファイトスタイルは兄同様に打撃でガンガン攻めるスタイルで寝技のスキルも高い。

 

兄が「氷の拳」と例えられていたのに対してアレキサンダーは「雷の拳」と例えられていた。

PRIDE崩壊後は地元ロシアの総合格闘技団体で活躍していたものの、プライベートの素行の悪さで過去に逮捕歴もあり、PRIDEが消滅してからロシアに戻りしばらくしてから逮捕されたようです。

 

兄ヒョードルとのエピソード

アレキサンダーは昔から悪かったようで、若い頃にも刑務所に入っていた。

出所する際にヒョードルが迎えに行き、アレキサンダーがマフィアを抜けると言うまで殴り続けたそうです。

 

アレキサンダーは誰だか分からないくらいに顔面を殴られ、後日ヒョードルと共にマフィアを抜けると伝えに行ったそうです。

マフィアのメンバーもヒョードルには一目置いていたようで、アレキサンダーはそのまま組織を抜けることができたそうです。

 

この話は有名な話でPRIDE時代から言われていた話ですが、実際はどこまで事実かは分かりません。

ですが、アレキサンダーの素行が悪いことは事実で、現在も問題を起こしてはネットニュースになっていたりします。

---スポンサーリンク---

2015年に再び刑務所へ

ロシアを中心に試合するようになってからも戦績は良かったアレキサンダーですが、私生活のめちゃくちゃは相変わらずだったようです。

家政婦に対しての性的暴行をしたとして4年の実刑判決を受けていたようですが、2017年現在は出所しており試合に出場する意思表示をしているようです。

ヒョードルとの関係

兄であるヒョードルとの関係は現在はあまりよくないようですね。

PRIDE以降の10年間くらいはあまり関わっていないようです。

 

ヒョードル自身は自らのキャンプにアレキサンダーを誘ったりしていたようで、アレキサンダーもヒョードルの好意に甘えるような形が続いていたようですが、ついにヒョードルがブチ切れたようで、本気で兄弟の縁を切られそうなところまで来ているとか・・。

 

元同門でヒョードルとも親交のあるハリトーノフも2011年のインタビューにてヒョードルとアレキサンダーの関係は悪いと語った。

 

同時にハリトーノフはアレキサンダーのことを「酒とドラック中毒者」とも言っており、今のアレキサンダーは本当にヒドイ荒れようのようです。

 

PRIDEでハリトーノフはアレキサンダーと対戦しておりKO負けしていますが、ハリトーノフは常にアレキサンダーに対戦要求をしていたようで、アレキサンダーは断っていたそうです。

 

そしてハリトーノフの肩の怪我の具合が悪くなったら急に対戦要求を受け、ハリトーノフはベストの状態でないときにアレキサンダーと対戦したとのこと。

 

その後、ハリトーノフの怪我が回復しベストな状態のときにアレキサンダーに対戦要求をしたらまたアレキサンダーは拒否したそうです。

ハリトーノフ曰く、ベストの状態ならアレキサンダーには負けようがないそうですね。

 

ポテンシャルはかなり高い選手なのは間違いないですが、そんなアレキサンダーももう36歳。

いい加減に真面目に生きないと、もうリングに戻ることのできない年齢になってそうです。

追記

3年8ヶ月の服役後、現役を復帰したアレキサンダーですが、2018年5月5日に最新の試合を行い見事TKO勝利。これで復帰後4連勝となった。

 

最新の試合の映像などを見ても動きは良く、むしろPRIDEに出ていた当時よりも強くなっている印象があります。

兄ヒョードルも現在はベラトールのヘビー級トーナメントに参戦しており、元UFCヘビー級王者のフランク・ミア相手に1回戦を秒殺勝利しましたが、まだまだこの兄弟の活躍には期待できそうですね。

アレキサンダーは特にRAIZINで見て見たいですが、犯罪歴があるとなかなか日本で試合するのは難しいようですね。

 

余談ですが、マイク・タイソンがかつてk-1と契約を結んだにも関わらず、犯罪歴があったため日本で試合が組めなかったのは有名な話です。

タイソンの場合は知名度が桁違いだったこともあり、横須賀の基地で船の上でやるなどの構想まで出ていたそうですが、結局それも実現できませんでしたね。

---スポンサーリンク---