プロボクサーの平均年収はいくらくらいでしょうか?

 

一般的にはワンマッチでもらえる金額の目安として・・

 

新人ボクサーのC級(4回戦)1~5万円程度

B級(6回戦)で10~30万円

A級(8回戦以上)で15~50万円

日本ランカー(10位以内)で30~100万円

日本チャンピオンで100万円~

 

このくらいが目安の金額になる。

 

 

現在のプロボクサーは年間で4~5試合くらいが平均ペースというところなので、日本チャンピオンでも平均年収は400~500万円程度。

もちろん一生やっていける生活ではありませんので、年収500万円といっても夢のある話ではありません。

 

多くのプロボクサーはボクシングのみで生活することができませんので、日本チャンピオンくらいになればバイトはせずともボクシングに専念できる程度です。

ボクシングを辞めてしまえば生活はできませんので、先があるわけでもありません。

 

やはりボクシングで夢を見るのであるならば世界チャンピオンになるしかありませんね。

世界チャンピオンになればもらえる金額はピンキリですが、最低でもワンマッチで1000万円くらいは見込めます。

 

世界チャンピオンのファイトマネーは人気次第なところもありますね。

 

その試合の注目度であったり、テレビ放送はあるのか、有料チャンネルはあるのか、賭けの対象になっているのか、スポンサー企業がついているのか、様々な要因によりファイトマネーは変動します。

 

世界王座は一度防衛するだけでも大変ですから、仮にワンマッチ3000万円もらえたとしても、一度も防衛できずに負けてしまえばボクサーとして稼げた総額はたかが知れている元世界王者もたくさんいます。

ファイトマネーが3000万円といっても内何%はジムに持っていかれ、何%は税金でもっていかれますし、世界チャンピオンともなると付き合いやら、練習設備に金を投資する選手も多いです。

数千万程度では思ったよりも残らないのが現状でしょうね。

やはり短命のボクサーや格闘家は現役時代で最低でも億は稼ぎたいでしょうね。

仮に3億円稼いだとしても、サラリーマンの生涯年収手取りが2~3億円ともいわれますから、有名ボクサーでも生涯で稼ぐ金額はサラリーマンと大差なかったりします。

まぁ3億円を40年で稼ぐか、数年で稼ぐかの違いはもちろんありますけどね。

ボクシングで数億円稼げたボクサーならジム経営などセカンドキャリアも成功する可能性は高いでしょうし。

---スポンサーリンク---

日本一稼いだボクサーは誰?

日本でもっとも稼いだ過去の世界チャンピオンは・・

辰吉丈一郎氏だといわれています。

当時日本中を沸かせた辰吉VS薬師寺のファイトマネーは日本人では過去最高となる3億円以上のファイトマネーになったそうです。

 

比較の対象として、全盛期の亀田興毅氏の世界戦のファイトマネーでも3000万円程度だったといわれます。

 

あれだけ話題になって注目された亀田興毅ですら3000万円ですから、辰吉丈一郎がどれほど凄いボクサーだったのか分かりますね。

 

ワンマッチで3億円のファイトマネーというのは今でも高い額の部類です。

今年行われたミドル級の最強チャンピオンゴロフキンVSカネロの一戦でもファイトマネーは3億円程度といわれています。

つまり現段階で世界一のレベルのボクサーでも3億円くらいというわけです。

 

世界にはとんでもない金額を稼ぐボクサーもいる

 

とんでもない金額を稼ぐボクサーとして有名なのがフロイド・メイウェザー・ジュニアですが、メイウェザーは世界一稼ぐボクサーでマニー・パッキャオとの試合のファイトマネーは300億円以上だといわれますw

 

アメリカの試合だとPPV(ペイパービュー)という有料チャンネルの売上なども含まれるので、ラスベガスなどでマッチが組まれるここらへんのボクサーはちょっと信じられないくらい稼いでいます。

 

・フロイド・メイウェザー・ジュニア

・マニー・パッキャオ

・オスカー・デラホーヤ

 

単純に稼ぐ金額だけだとカネロやゴロフキンはこの3人には及びません。

 

マイク・タイソンも過去最高額を稼いだ選手の一人ですが、20~30億円くらいが最高とされます。

 

メイウェザーが自らを歴代最高のボクサーだという理由に「俺がボクシングの歴史で一番稼いだボクサーだからだ」と言っていますが、それくらいにメイウェザーのマッチには金が集まります。

ちなみにメイウェザーについたあだ名はその名の通りの『マネー』です^^;

 

まぁこれだけ稼げるボクサーも世界全体でみても指折りです。

1試合で100億円以上稼いだボクサーは長いボクシングの歴史でメイウェザーとパッキャオのみですし、10億円以上稼いだボクサーも過去に10人くらいしかいません。

 

現実的なラインで日本人ボクサーだとワンマッチで稼げても1億円程度でしょう。

1試合1億円稼ぐボクサーでも現在世界で数える程度しかいません。メイウェザーとかパッキャオが異常なだけですw

 

亀田興毅氏が引退した後に、「何億円を稼げるボクサーは世界に一握りもいませんよ。ひとつまみしかおりません。」と言っていたのが凄く記憶に残っています。

 

メイウェザーやパッキャオを見て「ボクサーって高給取りだなー」って思いがちだけど、実際はこの2人くらいしかここまで稼いでいないということです。そしてこの2人ももう引退です。

 

現在は日本人でワンマッチ1億円以上稼ぐボクサーはいませんが、先日世界チャンピオンになったミドル級の村田諒太選手と、期待の新生井上 尚弥選手は将来は億超えボクサーの仲間入りを果たすかもしれませんね。

 

 

ちなみに現在の2人のファイトマネーは2000~3000万円程度といわれています。

ファイトマネー的にはまだまだ2人とも世界チャンピオンとしては並の収入なんですよね。

 

ワンマッチで何十億円と稼ぐボクサーになるためには、ラスベガスなど大舞台でバンバン試合が組まれるように存在になるしかないですね。

 

---スポンサーリンク---