ボクサーの平均的な引退年齢は何歳くらいだと思いますか?

日本人ボクサーの平均引退年齢は「23歳」だといわれています。

 

はじめの一歩というボクシング漫画の中に登場する木村というキャラも「俺は23歳で世間じゃ若いとか言われているけど、ボクサーとしてはもう若くはない」と言っていたのが記憶に残っています。

確かにボクサーの平均引退が23歳ということなので、ボクサーとして23歳という年齢は決して若い年齢ではないと思えますね。

 

ですが、この引退年齢というのはすぐに試合をして辞めてしまうボクサーも含めての数字です。

 

「引退」と聞くと、どうしても体力の限界が理由と思いがちですが、体力の限界を理由に引退する選手がそもそもトップ選手だけだということです。

 

並の選手というのは頑張って挑戦して、それでも連敗してしまったり結果が出なければ辞めてしまうことが多いです。

ボクシングで普通に食べていくだけでも日本チャンピオンくらいにはならないとダメだと言われますから、才能や体力はもちろんですが、相当な気持ちがなければ長く続けることはできません。

 

これはボクシングや格闘技に限らず、他のスポーツにもいえることです。

 

10代でプロにはなれたものの、そこからプロのレベルでは結果を残すことができず引退する選手というのは、体力云々以前に才能や精神面の問題もあったりするわけですね。

実際に10代でライセンスだけ取って数戦して満足して引退してしまうボクサーは多いです。

---スポンサーリンク---

トップボクサーのピークは何歳くらい?

 

昔は20代後半にもなると、「そろそろ年齢的にも後がない」とか「負けたら引退」とか言われていました。

 

ですが、現在のボクシングや格闘技のトップ選手の年齢を見てみると、

30代の選手も多いですし、むしろ競技や団体によっては30代のチャンピオンのほうが多いです。

 

一昔前のスポーツ界は30歳を過ぎたら年寄り扱いでしたが、

技術力の向上やスポーツ医学の発展などもあり、現在では凄まじく選手寿命が伸びています。

 

平均引退年齢というのもトップ選手に絞れば30代半ばくらいになるでしょうか。

 

少なくとも日本人ボクサーの平均23歳ということはないです。

むしろ23歳の若さで世界のトップになれる選手のほうが稀でしょう。

トップ選手の場合は20代で引退する選手のほうが珍しいですね。

 

世界的に見ても、メイウェザーは40歳まで現役でしたし、

引退試合となったマクレガー戦の動きを見ても年齢を感じることも特にありませんでした。

 

もちろん選手によってはさすがに40歳ともなると体力的に厳しくなる選手もいると思いますが、、、

現在はオリンピックなどのメダリストを見ても30代が一番強かったりします。

 

格闘技の場合はピークは30代前半くらいではないでしょうか。

体力面だけではなく、技のキレだったり、テクニック、精神面など試合で勝つために必要な要素はたくさんありますからね。

 

まとめ

基本的な考え方として平均値というのは、プロに毛が生えた程度の選手も含んでいるのでトップ選手の寿命や衰えてくる年齢とはまったく関係ない数値になります。

 

実際に25~26歳で身体能力が衰え引退する選手などほとんどいません。

 

ただフィギュアスケートのように明らかに10代の若いときのほうが良い結果が出る競技もあるので、スポーツ全てが30代が全盛期ってこともないでしょうけど、

少なくとも格闘技や野球なんかはトップ選手の平均寿命は伸びていますし、トップ選手の引退年齢は30代後半が圧倒的に多いです。

 

イチロー選手が「40歳過ぎても数値(50mのタイム等)が未だに衰えないって凄いですね」みたいな話の流れから選手の寿命が伸びてきているという話題になったときに、

 

「プロ野球選手の平均引退年齢って昔とほとんど変わってませんよ」と答えていたのが印象的でした。

 

まさにトップ選手の寿命は伸びているけど、平均値は変わらないということですね。

ちなみにプロ野球選手の平均引退年齢は29歳のようです。

関連記事

ボクシングの歴代日本人世界王者

---スポンサーリンク---