卜部弘嵩(うらべ ひろたか)

生年月日:1989年5月13日
身長:169cm
体重:60kg
階級:Sフェザー級
愛称:破壊王

選手メモ

卜部弘嵩は日本のキックボクサー。弟は卜部功也。

母親がフィリピン人、父親が日本人のハーフ。

高校生の頃からk-1甲子園に出場するなどして注目される選手だった。

Krush、k-1で共に王者になっている。

何もない相手に苦戦したり、負けることも多い選手だがここ一番で強さを見せる力を持っている。

現在はk-1で活躍しており、大雅にタイトルを奪われたが2018年3月に再び王者に返り咲くためにトーナメントに参戦する。

これまでのキックボクシングの戦績は51戦34勝14敗(2018年3月トーナメント前まで)

---スポンサーリンク---

弟功也との関係は?

弟の功也とはk-1で2回対戦している。

一度目はトーナメントの決勝戦でこのときはダメージの大きい弘嵩が終始功也に圧倒されて判定負けをした。

弘嵩は足にかなりダメージを負っていたが、最後まで倒れることはなかった。

その後、弘嵩から王者になった功也へ挑戦状を叩きつけてタイトルマッチを行うことになった。

結果は序盤は功也が優勢に試合を進めたが、トドメを刺すことができず躊躇した功也の隙をつき見事にKOで仕留めた。

卜部兄弟対決(タイトルマッチ)

卜部弘嵩って本当に強いの?

弟が気を使った感があり勝てたタイトルマッチも含め、弘嵩の実力に疑問を持つ声も多いが、ここ一番の勝負強さは間違いなくある選手。

k-1以外に参戦する選手を含めてどこまで強いのかは疑問なところでは確かにあるが、それでも現在の60kg級の選手の日本人の中ではトップクラスの実力者なのは間違いないだろう。

k-1が今後もっと世界の強豪を集めることができるようになると、ちょっと厳しいかもしれないが・・。

 

兄に対して弟の功也のほうは世界でもトップクラスに入る実力者として知られている。

兄との三度目の対戦を回避する形で階級を1つ上げる結果となったが、功也は現在62.5kg級でも王者を狙えるレベルの選手までに成長している。

---スポンサーリンク---