選手メモ

長南亮(ちょうなん りょう)

生年月日:1976年10月8日
身長:175cm
体重:80kg
階級:ウェルター~ミドル級
愛称:ピラニア
国籍:日本

長南亮は日本の総合格闘家。その容姿からピラニアとあだ名をつけられた。

DEEP、PRIDE、UFCなどで活躍した。

プロ戦績は34戦22勝(8KO/1一本)12敗

ファイトスタイルは基本的にテイクダウンを取ってかのマウントからパウンドが多い。

唯一の一本勝利はPRIDEの大晦日の試合であのアンデウソン・シウバから足関節を奪っている。

(アンデウソン・シウバはその後UFCのミドル級の伝説の王者にまで上り詰める)

2013年に現役を引退して以降はジムでトレーナーとして活躍している。

---スポンサーリンク---

長南亮の現在

 

現在は引退してジム経営をしている。

AbemaTVの格闘技特集などでは度々登場しておりお馴染みになっている。

長南のジムは格闘代理戦争でも紹介されていた。

このときはk-1選手の育成企画ということもあり長南のジムからは結局選手は登場しなかったが、代理戦争の第二弾はMMAなので長南のジムからも参戦もあるのか注目したい。

 

アマチュアや若手選手のみならず、青木真也、北岡悟といった日本人のトップ選手も長南のジムへ出稽古に来ているという。

青木真也の話によると、長南のジムはかなり環境もよく、長南の指導も良いのだとか。

将来的には長南の教え子からUFCでも活躍できるくらいの日本人選手が育成されることに期待したい。

長南亮は結婚して子供もいるようです

長南亮は結婚してお子さんもいるようです。

写真は2010年頃のようなのでお子さんはすでに小学生くらいになっているでしょうかね。

顔は怖い長南ですが、なかなか女性からの人気も高いようですね。

現役は引退しましたが、ジムの代表としてのピラニア長南の活躍にも期待したいですね。

---スポンサーリンク---