2017年12月2日に開催されたUFC218でアリスター・オーフレイムとの時期ヘビー級タイトル挑戦者をかけたワンマッチを行ったのがフランスのフランシス・ガヌー

 

結果はガヌーが1R1分43秒でアッパーからのパウンドで秒殺KO勝利した。

 

ヘビー級ランキング1位のアリスターを倒したことで、ガヌーがUFCヘビー級王者ミオシッチと次回タイトルマッチが濃厚となった。

ガヌーもアリスター戦後のマイクパフォーマンスでは「準備はできている」とミオシッチ戦へ向けてすでに気持ちも完成している様子だった。

---スポンサーリンク---

フランシス・ガヌーってどんな人物?

 
本名:フランシス・ザビエル・エンガヌー
生年月日:1986年9月5日
国籍:カメルーン、フランス
身長:195cm
階級:ヘビー級

選手メモ

ガヌーはカメルーン生まれでカメルーンに住んでいたが、国の経済状況が悪く、

極貧生活から抜け出すためにボクシングで成功することを夢みてフランスへ旅立つ。

しかし、当時国を出るお金もないため、徒歩とボートを使い3年かけてフランスへ亡命した。

現在の国籍はフランスとカメルーンの両表記となっていることが多いが、実際の国籍の詳細などは不明。

フランスに着いて入門したジムがMMAのジムだったため、ボクシングではなくMMAで世界を目指すことに決めたとのこと

尊敬するボクサーとしてマイク・タイソンの名前を上げている

UFCで成功するまで

格闘技を本格的に始めた年齢は26歳と遅かったものの、

たった5年(現在31歳)でUFCランキング1位のアリスターを秒殺できるほどに成長した。

フランスに来た最初の3年間はホームレス生活をしていたとの話もある苦労人。

 

ボクシングでトップを目指していただけあって、強烈なパンチを最大の武器としている

 

目指すはアフリカ人初のUFC王者で、夢はUFCカメルーン大会を開催することのようだ

ヘビー級はUFCの歴史的にも絶対的な存在が不在なためタイトルを2回以上防衛した王者は存在しない

 

そういう意味でも将来性のあるヘビー級選手がガヌーでもある

 

貧困生活からビッグマネーを稼ぐファイターになるという

サクセスストーリーもマニー・パッキャオのようで非常に魅力的でもある

久々に今後注目したいヘビー級の新生が登場してきたなーという感じがしますね。

 

ガヌーとミオシッチのタイトルマッチはまだ決定ではありませんが、

ガヌーは今回のアリスター戦が中10ヶ月でしたが、

次はもっと早く試合したいと言っているので調整が合えば

来年3月~6月くらいの期間でヘビー級タイトルマッチが組まれるかもしませんね。

非常に楽しみで早く見たい対戦カードです

---スポンサーリンク---