山本アーセン

プロフィール
生年月日:1996年9月8日
身長:169cm
体重:60kg
競技:レスリング

選手メモ

山本アーセンは日本の総合格闘家、アマレスラー。

元々はレスリングでオリンピックを目指していたが、現在は総合格闘技RAIZINをメインにMMAをやっている。

2020年の東京オリンピックもまだ諦めていないという発言もある。

 

MMA戦績は6戦2勝4敗(1KO)

RIZINでは才賀紀左衛門に判定勝利したのみだが、2015年大晦日のMMAデビュー戦ではクロン・グレイシーを相手にポテンシャルの高さを見せている。

家族構成

 

母親は元レスリングの世界女王「山本美憂

美憂の弟が山本KIDなので、アーセンからするとKIDは叔父にあたる。

叔母は山本聖子、聖子の旦那はダルビッシュ有なので、ダルビッシュとも親戚関係になる。

 

アーセンの実の父親は元サッカー選手の池田伸康。

元総合格闘家のエンセン井上は美憂の二番目の旦那だが、2人の間に子供はいない。

 

3人目の旦那の佐々木明は元スキー選手で、アーセンの弟アーノン君と、妹ミーアちゃんは佐々木との子供である。

 

★山本美憂の元旦那

1人目:池田伸康
2人目:エンセン井上
3人目:佐々木明

元々エンセンとアーセンがどのくらい関係あるのか分かりませんが、今現在はKIDもアーセンもエンセンとは距離を置いている感じがしますね。

エンセンも昔ほど輩感がなくなって一部メデイアでは数珠職人になったとも報道されています。

---スポンサーリンク---

アーセンの嫁


 

アーセンは現在21歳ですが、20歳ですでに結婚しています。

奥さんはハンガリー人のドルカさんというそうです。

年齢はアーセンよりも5~6個上で25~26歳のようですね。

アーセンの実力は?


(画像引用:http://jp.rizinff.com/_ct/17026887 RIZIN公式より)

 

RAIZINでの試合を見る限りは、ポテンシャルの高さは見せてはいるものの、まだまだ総合の選手としては二流選手ですね。

レスリング出身の選手にしては打撃は上手いですね。そのあたりはKIDにも似ているところでしょうかね。

MMAの試合の中でも高いレスリングテクニックを見せる場面も多いです。

 

RAIZINのバンタム級トーナメントでは一回戦でマネル・ケイプと戦い、無名の選手相手に1R秒殺KO敗けをしてまいました。

まだ21歳と若いですが、MMAの世界は次から次と若い選手が出てきますから、数年経っても今のような結果しか残せないようではもう相手にされない選手になってしまいそうです。

 

今後アーセンが叔父のKIDや、元同門の堀口恭司のような活躍をする日が来るのか来ないのか・・。

MMAデビュー戦のクロン・グレイシー戦では才能を感じさせてくれましたが、その後の数戦を見ている限りちょっと伸びなんでいるようにも思えますが、まだまだこえからの選手なのは間違いないのでRAIZINでの活躍に期待です。

MMAで覚醒するのは数年はかかる?!

一般的に、MMAに完全対応するには並の選手で10年はかかると言われてますので、アーセンもまだ数年は勝ったり敗けたりって感じが続くかもしれません。

KIDに秒殺病院送りにされた試合が有名な宮田和幸なども、KID戦後あたりから一気に実力が伸びてきました。

 

宮田和幸のように突然覚醒するタイプもいるので、特にMMAに向いているレスリング出身の選手というのはいきなり化けることもあります。

堀口恭司や名須川天心とも同じ階級にいるわけですから、勢いにさえ乗れれば今後はトップ選手とも試合が組まれるかもしれませんね。

お母さんの美憂さんももまだまだ戦ってくれそうなので、親子共々頑張って欲しいですね。

---スポンサーリンク---