ダニエル・コーミエ

生年月日:1979年3月20日
身長:180cm
体重:93kg
階級:ライトヘビー級
国籍:アメリカ合衆国

選手メモ

ダニエル・コーミエはアメリカ合衆国の総合格闘家。

MMMAを始める前はアマチュアレスリングで活躍していた。

レスリングでは、北京オリンピックレスリングフリースタイル96kg級に出場が決定するほどの実力。

オリンピックでは体調不良による不戦勝となり、それがきっかけでうつ状態が続いたという。

2009年からはMMAに転向し、着実にプロキャリアを積んで無敗のまま2013年からUFCに参戦している。

過去にMMAで敗けた試合は、UFCパウンド・フォー・パウンドに名前が上がるジョン・ジョーンズ戦のみ。

ジョン・ジョーンズとは2度タイトルマッチで対戦し、2回ともコーミエが敗けたが、2戦目は試合後にジョーンズに違法薬物反応が出て無効試合となった。

現在もライトヘビー級の王者でUFC最強候補の一人。

---スポンサーリンク---

ダニエル・コーミエ ヘビー級二冠王者へ向けて

元々ヘビー級でも試合をしていたコーミエだが、

現ヘビー級王者ミオシッチとのヘビー級タイトルマッチが決定した。

コーミエはライトヘビー級で王者になってからは初のヘビー級での試合となる。

 

階級を戻していきなりタイトルマッチということにはなるが、

今までキャリアにおいてジョン・ジョーンズ以外に負けていないコーミエだけにヘビー級タイトル獲得にも期待される。

 

コーミエとミオシッチの試合はUFC226行れる予定。

開催日は現地時間で2018年7月7日となる。

コーミエは2019年の3月に引退するとの話もあるので、この試合をキャリアの集大成にしようとしているようだ。

ミオシッチは先日最強の挑戦者ガヌーを倒したばかりだが、またも強敵をぶつけられる。

ヘビー級の防衛記録を更新しているミオシッチだけに、この試合にも勝利して防衛記録を4回まで伸ばしたいところだろう。

 

人材不足気味のUFCヘビー級戦線において、この試合が終わるとヘビー級タイトルの挑戦者は一段落しそうだが果たしてどうなるか・・。

---スポンサーリンク---