レジェンド格闘家が推薦した選手同士で戦うAbemaTVの格闘代理戦争ですが、先日の放送で最終回となりました。

一回戦は「松村」「中嶋」が勝利した

トーナメントは4人で行われ、「魔娑斗」「山本KID」「小川直也」「武尊」の4名の推薦した選手が戦った。

一回戦では魔娑斗推薦の「松村」と小川直也推薦の「小倉」が戦い、松村はボクシング出身のハードパンチで小倉2RKOに仕留めた。

小倉は今大会最弱の噛ませ犬だと言われていたが、この試合では気合いを見せて会場を沸かせた。

柔道出身で打撃の経験がまったくないにも関わらず、

キックアマチュアやボクシングキャリアのある松村相手に善戦できたのは素晴らしかった。

小倉拓実(おぐら たくみ)

小倉は格闘代理戦争終了後はこの試合を見た大沢ケンジから総合のオファーがあり、今後はMMA参戦に向けてAbemaTVで番組が組まれるかもしれない?

 

一回戦のもうひとつの組み合わせは、KID推薦の「スソン」と武尊推薦の「中嶋」が戦った。

スソンはKIDのジムの次世代エース選手で将来はMMAの選手になりたいようだが、武器はテコンドーの蹴り技。

立ち技でこそ彼の強さが発揮されると期待され、事前の予想では優勝候補筆頭として上げられていた。

KID推薦のスソン

 

スソンに対するは武尊がk-1アマの大会から見つけた金の卵の中嶋。

中嶋はk-1のアマ選手ながらまだ高校生として大会の注目を集めた。

 

中嶋 志津麻(なかじま しずま)

 

この試合の結果は優勝候補のスソンが上手く中嶋に試合をコントロールされて判定3-0で中嶋が勝利した。

優勝候補のスソンはまさかの一回戦敗退となった。

決勝戦の組み合わせは魔娑斗推薦の松村と武尊推薦の中嶋となった。

---スポンサーリンク---

決勝戦は・・

 

松村はこのトーナメントに向けて仕事を辞めて本格的に格闘家への道を目指していた。

中嶋もk-1アマチュアで経験を積んでおり、優勝すればk-1プロとしてデビューできるため気合充分。

決勝戦は序盤こそ中嶋が蹴りでリズムを作ったが、徐々に松村のハードパンチがヒットしていき、1R終盤には強烈な右フックで中嶋はダウンを奪われた。

2Rに入っても中嶋はダメージが抜けずにそのままパンチで押し切られ、最後は2度ダウンしてTKO敗けとなった。

魔娑斗推薦選手の松村が優勝した。松村は3月のさいたまスーパーアリーナ大会への出場も決まっている。

3月大会の追加カード

イッサム・チャディッドVS城戸康裕

木村ミノルVS平山 迅

他プレリミナリーファイト4試合

 

さらにk-1と契約した松村の対戦カードも追加されるとこのこと。

大雅が出場できなくなり武尊の対戦相手も現在調整中とのことです。

武尊の相手はメイン大会にふさわしい相手をしっかりと用意できるのか心配です・・。

---スポンサーリンク---