2018年も残りわずかとなりましたね。

大晦日は今年もRIZINが開催されますが、今年は29日の前々夜祭的な興行はないようですね。

1日開催になったことで出場できる選手に限りができたせいか、RIZINの常連メンバーが不参加になりそうなのは少し残念なところです。

が、今年はベラトールの現役王者も参戦するようで例年の色物感がなくなり高カードが揃っている印象です。

さっそく対戦カードと勝敗予想をしていこうと思います。

※11月末の時点での対戦カードなので変更、追加等も出るかもしれません

RIZIN14対戦カード&勝敗予想

※画像引用:RIZIN公式ページより(URL:http://jp.rizinff.com/_ct/17225415)

 

ダロン・クルックシャンク VSダミアン・ブラウン

RIZINでは常連となってきた外人選手のダロン・クルックシャンク。

元UFCファイターではあるが落ち目の選手という印象が強く、参戦当初は北岡、矢地と日本人に連敗。

しかしそれこから持ち直して現在は3連勝中。来年はRIZINでライト級のトーナメントが開催される予定のようなのでクルックシャンクとしても落とせない試合ですね。

対戦相手のブラウンに関してはよくわからない選手ですが、元UFCファイターなので強いは強いでしょう。

勝敗予想はクルックシャンクのKO勝ちと予想。

勝者予想:クルックシャンク

 

 

真珠・野沢オークレアVSヤスティナ・ハバ

正直、今回の対戦カードでは一番どうでも良いカードではありますかね。

真珠はもう少しアマチュアでキャリアを積んでから出てきて欲しい感じもしますが、一般向けネタ枠も必要枠ではあると思います。

おそらく相手は噛ませ犬っぽいので、ここはオークレアのKOか一本勝ちと予想します。

勝者予想:真珠・野沢オークレア

 

 

イリー・プロハースカVSエマニュエル・ニュートン

RIZINでは常連の重量級選手プロハースカですが、ミルコ戦ではなくて残念ですね。

ミルコ戦なら地上波でのOAもあったと思いますが、ちょっと相手が日本では無名なので残念感ありますが、ニュートンという選手も元ベラトールのライトヘビー級の王者のようです。

名前はないが(日本では)強いという選手が今年は参戦しているので、いよいよ大会が本格路線に向かってきていますね。

勝敗予想としてはプロハースカのKO勝利と予想します。

勝者予想:イリー・プロハースカ

 

 

大尊伸光VSトフィック・ムサエフ

修斗の実力者がRIZIN初参戦となりました。大尊選手は修斗ではウェルター級の環太平洋王者のようです。

対するムサエフ選手はまだキャリアの浅い選手のようですがロシアの大会などで結果を出しているようですね。

まぁおそらく噛ませ犬っぽいので、大尊が普通に勝つと思います。。期待も込めてKO勝利予想です。

大尊って本名でしょうかね。やはりマイク・タイソンから取ってるリングネームなのか..

勝者予想:大尊伸光

 

 

元谷友貴VSジャスティン・スコッギンス

元谷が堀口恭司戦ぶりのRIZIN参戦となりました。

スコッギンスは元UFCファイターで佐々木憂流迦とも対戦しています。

憂流迦には負けている選手ではあるので、ここはきっちりと元谷が一本で勝つんじゃないでしょうかね。

勝者予想:元谷友貴

 

 

宮田和幸VS山本アーセン

「宮田和幸引退試合&山本“ KID” 徳郁メモリアルマッチ」という試合です。

これは普通に面白いカードだと思います。アーセンの成長分のほうが上か、宮田が衰えを見せないで普通に勝つのか..

宮田は会見でも「衰えて引退するわけではない」と話していましたが、それが本当ならあっさり宮田が勝ちそうですが、アーセンもポテンシャルは高いですからね。

KIDの想いもあるでしょうし、シナリオ的にも面白いカードですよね。

勝敗予想は宮田の判定勝利と予想します。

勝者予想:宮田和幸

 

---スポンサーリンク---

佐々木憂流迦VSマネル・ケイプ

佐々木憂流迦もUFCから戻ってきましたね。DJも移籍しましたし、UFCはフライ級がなくなるとのことなので軽い階級の選手は日本に集まるかもしれませんね。

RIZINの初戦でマネル・ケイプということで楽しみなカードですね。

佐々木憂流迦は楽しみですが、UFCでは勝ったり負けたりだったのでケイプがUFCの中間レベルの選手にどこまでやれるのかも楽しみです。

勝敗予想はマネル・ケイプのKOか一本勝ちと予想します。

勝者予想:マネル・ケイプ

 

 

矢地祐介VSジョニー・ケース

矢地は8月の大会でKO負けしてからの復帰戦となります。

対戦相手のケースは元UFCファイターなので矢地の実力がどの程度なのかも見えてくるのではないでしょうかね。ここで負けてしまうと来年のライト級GPの日本人に期待ができなくなってきますし..

前回の大会で負けたシュートボクセの選手も世界トップ選手って感じもなかったので今回も危ない気はしますが、、期待感も込めて矢地の判定勝ちと予想します。

あと、髪型にも要注目w

勝者予想:矢地祐介

 

 

RENA VSサマンサ・ジャン=フランソワ

去年の大晦日からカンナに連敗しての復帰戦。一度は引退をほのめかす発言もありましたがRENAが再び戻ってきましたね。

今回の相手は見るからに噛ませ犬っぽいので、さすがにここはRENAがKOで勝つのではないでしょうかね。

勝者予想:RENA

 

 

浅倉カンナ VS 浜崎朱加

去年トーナメントを優勝したカンナがジョシカク最強の呼び声高い浜崎とタイトルマッチを行うことになりました。

これは非常に楽しみなカードではありますね。ただRENAも会見で言ってましたが、9割は浜崎が勝つかなと思います。

浜崎はこの階級の女子ではちょっと実力が抜けていますね。階級上げてUFC行っても面白いくらいなんじゃないでしょうか。

勝敗予想は浜崎のKOか一本勝ちと予想します。

勝者予想:浜崎朱加

 

 

堀口恭司VSダリオン・コールドウェル

那須川戦も終わり堀口の相手はもういないだろと思ったところにまさかのベラトールの現役王者が..

コールドウェルはベラトールのこの階級では無双状態らしいので背負ってる看板だけでも強さが相当なものだと分かりますね。

コールドウェルの試合は見たことないので実際にどこまで強いかは分かりませんが、ここは堀口にしっかり勝って欲しいですね。

堀口からすると久々の世界のトップファイターとの試合なので非常に楽しみですね。

勝敗予想は堀口の判定勝ちと予想します。

勝者予想:堀口恭司

 

 

フロイド・メイウェザー・ジュニアVS那須川天心

結局やることになったようですね。この興行でやる必要はなかったとも思えますが、やはり楽しみではありますね。

ルールは未だにハッキリしませんが、普通にボクシングルールで3RやるということならメイウェザーがKOで勝つでしょう。

天心の失神KO負けというのも見てみたいですが、ガチでやるなら壊されないかだけ心配ですね。体格差エグいです…

勝者予想:フロイド・メイウェザー・ジュニア

 

まとめ

今のところ12試合が発表されていますね。

全体を通して元UFCのトップファイターであったり、現役のベラトール王者の参戦であったり去年までのRIZINとは別物となってきている印象を受けますね。

前回大会までサップVS大砂嵐とかやっていた興行とはとても思えん!

 

ベルトを作って世界から強豪を集めようとする方向性は良いですね。(ランキング制度は興行でやる以上なかなか作れませんからね)

 

メイウェザーの参戦も楽しみですが、本当に当日会場に来るのか、リングに上がるのかも含めて楽しみですね。さすがに天心がどうこうできるレベルの相手ではないとは思いますが、メイウェザーがサービスタイムなど見せてくれれば良いですね。

 

堀口に関しては過去一番の強敵ではないでしょうかね。看板通りの強さの選手なら堀口でも普通に負けるかもしれませんね。

堀口、那須川以外だと個人的には宮田とアーセンの試合が楽しみですかね。

川尻や五味も参戦予定ではあったので、朝倉兄弟やキングレイナなどの常連選手も含めてまだ追加カードが発表されるかもしれませんね。

 

佐々木憂流迦も参戦も朗報ですね。

軽量級はUFCからONEにデメトリアス・ジョンソンも移籍しましたし、ひょっとすると来年3月開催予定のONEジャパン大会で堀口恭司VSデメトリアス・ジョンソンの再戦とかも期待できるかもしれませんね。

RIZINとベラトールの関係は良好のようですが、ONEはアンディ・サワーの契約の問題があったりもしたので、いさ試合となると関係は微妙に心配なところではありますが、ONEジャパン大会をより成功させたいならRIZINの協力もONEには必要でしょう。(マジでここで堀口とDJが見たい)

新生k-1とは違いRIZINは他団体との交流を積極的に行う感じなので今後の成長に非常に期待できそうですね。

---スポンサーリンク---