11/29(水)にRIZINは会見を行い大晦日の対戦カード発表を行った

裏では日馬富士関の引退会見が行われている中行われた会見だったが

 

記者からの質問でその件にも触れられると

代表の榊原氏は「日馬富士、モンゴル、大相撲、そーゆうキーワードは欲しいですね。デリケートなところですけど、ギリギリまでは既成概念にとらわれずに攻めたいと思ってます」と発言。

 

今年の大晦日に日馬富士がRIZINデビュー?!とまではさすがにいかないまでも、モンゴル力士やその他の力士の参戦もあるかもしれない。

 

去年は把瑠都のトーナメント参戦がありましたが、今年の大晦日は別の力士の参戦がありそうな予感はあります。

 

日馬富士の件、横綱の品格問題など、相撲界は悪いニュースが続きますが、今年の最後に明るいニュースも見たいところです。

 

RIZINの追加対戦カード

★発表された追加対戦カード

その1
『伊藤盛一郎VS朝倉海』

所の弟子としてRIZINでも試合経験のある伊藤とは初参戦となる朝倉

朝倉は兄弟でローカル団体では人気があり、兄は喧嘩負け知らず、弟は読書家の対照的なファイター

寝技VS打撃という面白いカード

 

その2
『ギャビガルシアVS神取忍』

去年流れた幻のカードが今年も組まれた

誰がギャビをやるのか・・最終章とのこと。。。

ギャビ的にはキングレイナとやる前の練習って感じでしょうか。

 

その3
『五味隆典VS矢地祐介』

五味の日本復帰が決定した。

対戦相手はかねてから話題に上がっていた矢地と決まった。

まさに世代交代という今のRIZINにふさわしい対戦カードとも思える。

---スポンサーリンク---

五味VS矢地

 

その他にも天心の出場するキックトーナメントなど

複数の話題性のある対戦カードが上がったが、やはり五味隆典の復活に期待したい

世代交代とはいわれるが、所と堀口がやったときよりは五味に期待を持ちたい

 

五味はここ5試合UFCではオール1R秒殺KO負けではあるが、リングとオクタゴンの違い、アメリカと日本の違い

そして対戦相手のレベルの違いといろいろな要因はあるので、五味がこれまでよりは良い試合を見せてくれる可能性はあると思う

 

五味の発言の中に契約決定まで多少時間がかかった経緯として

「年間3試合・・ここ数年はなかったからね」

と話しているので、RIZINとの契約が複数試合契約であり、年間数試合のものだとわかる。

 

※追記

五味は2017年の試合数は年末のRIZINも入れると3試合目という意味でした

 

 

 

矢地は五味がRIZINに参戦するしないの問題でウダウダやっていることに対して

「一度出るって言ったんだから出ろよ」という思いがあったようでSNSで怒っていた

その件に会見でも記者から触れられたが、矢地は「大人の事情です」と明言は避けた

 

事前予想としてはやはり矢地が圧倒的に有利のようにも思えるが

今まで戦ってきた相手の実力は圧倒的に五味のほうが上ではあるし、なによりも大晦日の日本のリング

 

まだまだ強い五味隆典39歳に期待してしまう

---スポンサーリンク---