ブラジリアン柔術の強豪でもあるソウザ・サトシのRIZIN参戦が決定しました!

個人的にはサトシVS北岡が
RIZIN15横浜アリーナ大会では楽しみなカードです^^

 

ホベルト・サトシ・ソウザ

身長:180cm

階級:ライト級(70kg~75kg)

バックボーン:ブラジリアン柔術

兄:マルコス・ヨシオ・ソウザ 

国籍:ブラジル生まれ 日本在住の日系ブラジル人

選手メモ

ホベルト・サトシ・ソウザは父親がブラジル人、母親が日本人の日系ブラジル人。

18歳になってからブラジルから日本に来て以後10年以上日本で生活をしている。

幼少期からブラジリアン柔術をやっており、PRIDEなど日本の総合格闘技も好きで見ていたという。

柔術の実力はブラジリアン柔術世界選手権を4度制覇するほどの実力がある。

MMAで戦うことはあまり好きではないと言うが、お金のために戦うという。

日本に対しての愛が強く、アメリカや他国のMMA団体では試合はしたくないと言っている。

練習環境において他の選手に「日本で練習していて強くなれるのか?」と聞かれて怒ったこともあると発言している。

---スポンサーリンク---

ライジンとリアルが業務提携を結ぶ?!


(画像引用:イーファイト様より)

 

ブラジリアン柔術で圧倒的な強さを誇るソウザですが、すでにMMAデビューもしており現在7連勝中です。

中国のMMA団体「REAL FIGHT CHAMPIONSHIP」でMMAデビューします。

リアルはクロン・グレイシーもMMAデビューした団体です。

そんなMMA団体のリアルとRIZINが業務提携(紳士協定)を結んだようです。

リアルの代表である山田重孝氏は柔道の内柴の柔術の師匠でもあります。

このことからも今後、内柴がRIZINに参戦する可能性も示唆されています。

内柴は準強姦罪の容疑で逮捕され5年の実刑判決となりましたが、現在は出所しており柔術の大会にも出場しています。

しかし現在、内柴はキルギスという国の柔道連盟総監督をやっているので、しばらくRIZINの出場は難しいだろうという見解でした。

クロン・グレイシー対サトシ・ソウザ の実現は?!

新時代の柔術家として注目されているソウザとクロンですが、、、RIZINで試合していたクロンは2016年大晦日の川尻戦を最後にRIZINでは試合していません。

一部報道では、クロンはRIZINのリングに上がるのに1億円以上のファイトマネーを請求していたようで、RIZINはそれを渋っていたとのこと。

クロンはアメリカでセレブ相手に柔術教室を開いており、それだけで十分リッチな生活ができるようで、マネーにはこだわっておらず、MMAの試合はもうしないのでは、、、、と噂もありましたが、結局2019年2月18日にUFCデビューしました。

サトシ・ソウザとクロン・グレイシーの戦いが柔術ルールでもMMAルールでも見たかったところですが、、、、アメリカでは戦いたくないソウザと、日本では戦いたくない?クロンとで実現は難しそうです。

 

ソウザはライト級GPに出場する?

2019年に開催予定のRIZINライト級グランプリですが、着々とメンバー調整が進んでいるように思えますね。

今回サトシは北岡と戦いますが、内容次第ではグランプリ出場が濃厚になるのではないでしょうか?

他にもパッキャオやメイウェザーの件もあるので、まだまだ隠し玉があるかもしれません。

ライト級といえば、UFCでも層の厚い階級でもあるだけに最終的にどんなメンバーで開催されるのか今から非常に楽しみですね^^

 

サトシ・ソウザの特集動画

 

(15:40~サトシの特集となります)

合わせて読みたい記事

2019年RIZINが大会スケジュール

スポンサードリンク