格闘ニュース 注目の対戦カード

平本蓮VSベイノアは実現するのか?

2021年7月27日

2021年9月19日に開催予定となっているRIZIN30の対戦カードの噂に平本蓮VS“ブラックパンサー”ベイノアが浮上しているようです。

確かに実現したら面白い試合になると思うので、改めて2人の基本的な情報をまとめてみました。

平本蓮

k-1では高校生のころから頭角を現し、新生k-1の申し子と呼ばれる。

2017年に開催された初代ライト級トーナメントではムエタイのゴンナパーをKOにし、決勝戦ではウェイ・ルイを相手に判定1-2で惜敗。

翌年2018年にはK’FESTA.1にて、当時の絶対王者のゲーオをKOし改めて実力を証明した。

しかし、この試合を最後にk-1を離脱し、RIZINへ移籍。今後はキックボクサーから総合格闘家へ転向を宣言する。

2019年の年末、RIZINデビュー戦はベラトールとの合同大会で芦田崇宏とケージでのキックルールで対戦し1RKO勝ち。

そして1年の時を経て、2020年の大晦日、満を持してRIZIN26で総合格闘家デビュー。

相手はRIZINに連続出場し勢いのある萩原京平だったが、平本はワンサイドでボコられ2RKO負け。(パウンドアウト)

k-1時代はアベマの恋愛企画に出たりと高校生のころからの流れもあり優等生っぽい感じだったが、RIZINに移籍後はツイッターを中心にイケイケキャラへ変貌した。

良くも悪くも話題性が強い選手になっている。

平本蓮のプロフィール詳細はこちらの記事からどうぞ

 

“ブラックパンサー”ベイノア

生年月日:1995年8月20日

出身:アメリカ合衆国

ベイノアは11歳のころから極真空手を始める。20歳を超えキックボクシングでプロデビューをすると、主戦場をRIZEへ移して活躍する。

RISEウェルター級王者になっている。

キックボクシング戦績は20戦17勝3負。(2021年7月時点)

お笑い芸人もやっているようでYouTubeチャンネルも持っている。

2021年6月13日に開催されたRIZIN28では、弥益ドミネーター聡志を相手に総合格闘家デビューを果たす。

試合前の予想では、圧倒的にドミネーター有利と予想されたが、想像以上に総合ルールに適応する動きを見せた。

結果はロープ掴みの反則を取られた(レッドカード)のも影響し、判定2-1で惜敗した。

 

ベイノアVS平本蓮 どっちが勝つ?

この2人の対戦は非常に面白いと思います。

どちらもバックボーンがキックボクシングで総合では1戦1敗と同じ戦績です。

キックボクシングの戦績では、平本蓮のほうが上に思えますが、ベイノアはRIZEで王者になっているので、思っている以上に差がないようにも思います。

キックのプロキャリア(試合数)もベイノアの方があります。(平本が全15戦、ベイノアが全20戦)

 

体重差が少しある?

RIZEではウェルター級(67.5kg)王者のベイノアですが、前回のドミネーター戦では73kgで試合をしています。

平本蓮はk-1時代はライト級(62.5kg)~Sライト級(65kg)でしたが、体も大きくなっているようでRIZINの総合デビュー戦は68kgで試合してます。UFCではライト級(-70.3kg)でやりたいという発言もしています。

ドミネーター戦のときは急なオファーもあったと思うので、ここは68kgでやって欲しいですね。

ナチュラルだとベイノアのほうが1階級くらい上のように見えます。

 

MMAセンスは断然ベイノア!

MMAの戦績では、どちらも1戦1敗で同じですが、お互いのデビュー戦を比較する限りではベイノアのほうが圧倒的にセンスを感じさせました。

タックルや組みにもある程度は対応できて自分の得意な戦い方をできていた印象のベイノアに対し、平本は終始、萩原京平にプレッシャーをかけられ続け、軽くテイクダウンされて寝技は想像以上に何もできずに正直良いところは皆無でした...。

前回の試合だけを比較すると、ベイノアが勝ちそうな気もしますが、バックボーンが同じ選手、総合のキャリアも同じ選手が相手となると、平本も前回と戦術も変えてきそうですし、戦いやすくもなるでしょう。

また、単純に前回の敗北から時間も経過しているので少しは総合の練習も積んで技術的にも向上している可能性もあります。

まあ自らタックルにいって寝技で極める展開には絶対ならないとは思いますが、総合での打撃戦という展開になれば面白い試合になりそうですし、どっちが勝ってもおかしくない試合になりそうです。

仮に実現したとすると、個人的にはフィジカル有利もありそうなベイノアがKOで勝ちそうな気がします。

まとめ

対戦の噂のあるカードでRIZINっぽい試合の中では今一番面白そうな試合かもしれません。

何よりも平本蓮はキャラが立っていますし、将来はUFCまで視野に入れているようなので期待感はまだまだあります。

ベイノアと試合が決まれば、会見も面白くなりそうですね。

前回は萩原とヤンチャ同士のバチバチでしたが、ベイノアは芸人なので会見でも挑発にかぶせてたりと、ボケを見せてくれそうです。(弥益との会見も天然っぽくて評判が良かったですね)

ベイノアは総合本格参戦は今のところ表明していませんが、前回の試合の悔いがあるのでもう一度RIZINで総合ルールで試合したいといっているので実現して欲しいですね。

将来の日本人初のUFC王者の本領発揮が早くみたいです!

---スポンサーリンク---



-格闘ニュース, 注目の対戦カード